社員

不動産
コンサルタント

NAKATANI MASAHIRO
立命館大学 卒業
2012年入社

共に道を作り上げていく面白さ

会社を知るほど入社したいと感じた

私の就職活動は漠然と将来性がありそうな会社で働きたいと思い、インフラ系の企業を中心に就職活動を行っていました。そんな大手志向の中で、たまたま参加した説明会でこの会社に出会い、熱意のある先輩社員の「エネルギッシュさ」と「一体感」に惹かれたのがこの会社と出会ったときの印象です。一番の決め手は選考を受けている段階で、会社の雰囲気や将来働いている姿がイメージできたこと。エントリーしたほとんどの会社で選考が進んでいくにつれ、本当にこの企業で良いのか、やりたいことができるのだろうか、と不安になっていく中で、アップウィッシュだけは選考が進めば進むほど、次の選考が楽しみで仕方ありませんでした。最終選考を受ける頃には自然と「この会社しかない!」と思うようになっていました。

社員

社員

経験してきた仲間の大切さ

元々ひとつのことに囚われるのが好きではなく、学生時代も様々なことに挑戦してきました。様々な経験をする中で特に感じたのが「仲間の大切さ」です。中学校から続けていたテニスにおいて、個人力が求められた中学・高校時代とは違って大学時代には「チーム力」を学びました。単純に個々で練習して上達すれば良いというものではなく、自分が周りを見て発信し、チームを盛り上げていかなければ何事もうまく進まないということを痛感しました。個々の能力だけではなく、仲間との「関係」を大切にしなければ組織として成り立たなくなります。仕事も同じで、決して自分一人では仕事はできません。アップウィッシュには、チームが一体となってお客さまのニーズに応えようという雰囲気があります。うまくいった成功事例はみんなで共有して、高め合っています。専門的な提案領域の幅広さゆえに勉強すべきことも多いですが、その分、自分自身の成長を感じる機会も多く、お客さまと根深く向き合える仕事に誇りを持っています。そして、この会社の仲間と共に成果を求め、その成果を正当に評価してくれる環境が好きです。もちろん仕事は辛いことも沢山あります。何をもって乗り越え、頑張ることができるのか。それは同じ志を持った仲間だと思います。今の環境には一緒に困難を乗り越えたいと思えるメンバーがたくさんいます。それぞれの個性を認めてもらえる、きちんと上司が話を聞いてくれる、という社風は本当に恵まれていると思います。熱量の高いメンバーばかりなので、会社全体が明るく元気があります。何か新しいことをしたい、自分の可能性を高めどんどん挑戦していきたいという方にはベストの環境です。

支える自分、支えられる自分

私は入社して3年目になりますが、2度の新規店舗の立ち上げを経験しました。入社して半年での経験は、右も左もわからず、それでもひとつひとつ教えてもらいながら、カタチにし、無事オープンを迎えました。そして入社3年目で迎えた新規出店。自分でも驚くほどスムーズに仕事をこなせて、改めてチームの大切さと自身の成長を感じた瞬間でした。きっと、この仲間たちだからこそ一体になって体感できるのだと思います。私は入社した時から関西エリアに新規出店をすることを目標にしています。もちろん、まったく新しいエリアに進出をするということは容易なことではありません。しかし、アップウィッシュはチャレンジする人を全力で後押ししてくれます。責任のある新規店舗の立ち上げを二度も経験させてもらえたのも私が少しでも目標に近づけるようにとの計らいでした。そんな環境が確実に自身の成長に、夢の実現へと繋がっています。そして関西進出を目標を達成した後は、海外進出とより高い目標に向けてこれからも進み続けます。

社員

一覧へ見る