社員

不動産
コンサルタント

TANAKA YUKI
2012年入社
名城大学 卒業

誰よりも圧倒的に成長したい

「働くを楽しむ」が共通の空間

「どんな仕事でもいい。でも、誰よりも圧倒的に成長したい。」これが就職活動の軸でした。選考でも正直にその軸を伝え、いろいろな社長に出会うために、色んな業界会社を見ました。ただ、会社としてのまっすぐな夢や想いを聞いて共感した会社はここ以外ありませんでした。そして、最終選考で社長から「ウチに来てくれ。」という直球のアピールにや、学生である自分の目の前で熱く、真剣に夢を語り向き合ってくれた際、心がグッと惹かれたことを覚えています。またアップウィッシュは事業内容が幅広く、年々進化していたので誰よりも色んな経験を積んでより早く一人前になれるステージがあり、自分の軸にマッチしたと感じました。この会社の好きなところはいつも気持ち良い笑顔が溢れているところです。メンバーの誕生日をお祝いする風土や旅行、BBQなど色んな行事の写真を見返すと、みんな良い笑顔をしています。「働くを楽しむ」が会社で感じれる社風が好きです。仲間と同じ目標を持ち、本気で仕事に向き合って努力しているからこそ、喜びも苦しいときも常に同じ想いを持って仕事ができる職場なのだと思います。現在、店長になり5名のメンバー育成を行っています。自分が上司に育ててもらったからこそ後輩の指導にも真剣に当たることができ、今それを実感しています。自分の新人時代を思い出し、指示の出し方も、しっかりと達成シナリオを描いきながらプロセスを伝え、納得して行動を起こしてもらえるよう考えてもらうことで、私自身の成長にも繋がっています。

社員

社員

自ら考え、みんなで成長していく

社会人になって4年。今まで自分の未熟さに何度も挫折しそうになりました。でも、辞めたいと思ったことはありません。なぜなら自分を信頼してくれる人達がいたからです。自分がここまでしかやれないと限界の線を引いていた時期も、しっかりと見てくれていて、可能性を信じて挑戦させてくれました。「自ら考えて挑戦する」という風土が人を成長させていくのだと実感しています。また、刺激し合うことで気持ち良いライバル意識が生まれているのが特徴です。同世代が多い分、お互いに助け合うことができ、「みんなで成長」をモットーに動いています。入社当初は、自分のことだけしか考えておらず、自分がどこまで挑戦できるかだけを考えていましたが、今では、チームのために自分ができる役割を増やすことができています。みんなが個々の能力をお互いに高め上げることで爆発的にこの会社が成長できると考えています。どんなに辛いときでもやり遂げ、成長していくことができる。そんな可能性を持っている仲間がいます。

+αの活力を与える存在

これからはどんな状況でもお客様から信頼し、安心してもらえるような人となる個の「力」を高めていきたいです。まだまだ私たちの会社は成長途中のため、もちろん知名度はほとんどありません。会社のネームバリューで勝負するのではなく、自分で勝負だ!といつも思っていました。しかし、この組織で働いてくうちに自分でもびっくりする程、帰属意識が生まれ、今はこの「アップウィッシュ」という名前を多くのお客様に知ってもらい、有名にさせたいと思っています。個人としての目標は、新たなビジネスモデルを創って会社に+αの活力を与え、よい影響を生み出せるような存在になっていきたいです。

社員

一覧へ見る